グリーンビクトリーズは横浜市青葉区で活動する軟式少年野球チームです。近隣の小学生をメンバーに、あかね台鍛治谷公園や奈良の丘小、桂台公園のグラウンドで練習しています。

チームより ~勉強と野球の両立について~

勉強も野球もどちらも頑張る「文武両道」が、グリーンビクトリーズのモットーです。グリビの選手たちのほとんどは、塾や他のスポーツ、音楽などの習い事を並行しています。また土地柄、私立中学や公立中高一貫校の受験を考えているご家庭も多く、時間を上手に使いながら、自らの夢の実現に向けて努力しています。これからの時代を生きる子どもたちに必要な思考力や判断力、コミュニケーション力は、大勢の友人たちや大人たちとの交流の中でこそ磨くことができるのです。


開催情報 | 体験会の様子
お気軽に体験会にお越しください。中高学年の体験練習は随時可能です。

各種指導者資格保有コーチ、多数在籍!

注目

グリーンビクトリーズには「JSBB公認学童コーチ」「BFJ公認野球指導者基礎Ⅰ(U15)」「BFJ公認野球指導者基礎Ⅰ(U12)」資格を有する指導者が複数在籍しています。

子どもたちにスポーツの楽しさを伝えるとともに、自ら考え、工夫し、思いやりの心を持った選手の育成に取り組んでいます。

一緒にグラウンドで遊びましょう!お気軽に体験会へお越しください。

体験会 日程調整中ですm(__)m

注目

⚾一緒に野球をやりましょう!⚾

日程が決まり次第、お知らせ致します。
見学・体験は、いつでもご参加頂けますので
下記担当者までお問合せください。

グリーンビクトリーズは『あいさつ・感謝の気持ち・仲間や道具を大事にする』ことを大切に指導しています。
野球に興味のある方、野球が初めての方でも楽しめます。
みなさまのご参加お待ちしております。

持ち物 : グローブ・バット(持っている方のみ)、水筒、タオル
※グローブ・バットは、チームでも用意しています
(持っていない方は、遠慮なく申し出ください)

服 装 : 動きやすい恰好でご参加ください(着替え等もあると良いです)

📧お問い合わせ📧

グリーンビクトリーズ体験会事務局(担当:宮原)
gvakanedai1984@googlegroups.com

 

フェニックス杯 6/16(日) vs竹山レッドソックスさん★

(あかね台公園グラウンド)
チーム 1 2 3 4 5 6 R
グリビA 0 0 0 2 1 0 3
竹山レッドソックス 1 4 1 0 2 X 8

【戦評】
フェニックス杯、ブロックリーグの2試合目です。

初回表、先頭の金ハヤトが四球で出塁し、ワイルドピッチとエイスケの送りバントで3塁に進みますが、後続倒れ得点できず。
その裏、今日の先発はリュウノスケ。先頭を四球で出し、1点を先制されますが、前回の課題は克服できたかな。たまに高めや、右バッターの内角に抜けていましたが、ここはもう技術的な問題でしょう。練習を重ねれば、すぐ矯正できると思います。たまにいらっしゃるMachidaピッチングコーチに見てもらえるといいですね。

2回裏には、ヒットと四球2つで溜めたランナーをホームランで返され、4失点…。打たれるのはしょうがないですが、四球のもったいなさが身に染みたなら、よい経験です。また次に活かそう!

試合はその後もチグハグさが目立ち、敗戦。先週から走塁ミスが目立ちます。的確に判断するには、まず状況をしっかり把握しなければいけません。何でも広く見ることを意識しましょう。
あとはこのチームに多い、守備でどっちが捕るか問題。スポーツで遠慮したらどうしようもありません。もっと皆が「自分がアウトにする」という意識を持つべきです。

良かったことは、ショウサイ、初ヒット!練習では好調を維持していましたが、遂に実になりました。日頃の努力はスイングに出ます。次のヒットに向けて、更に続けましょう!

今週は1試合のみ。スパッと気持ちを切り替えて、来週に臨みましょう。

DaikokuC, MatsumotoC 審判ありがとうございました。
OBコーチ/Dセンパイの球審は、声が大きくて(ホメ言葉です(笑))画面越し/マイク越しでも分かりやすいです。ぜひまたお待ちしています!(MiyaharaC)

B練習試合2024/6/9 vs 小川パワーズさん☆

2024/6/9練習試合(小川小学校)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 合計
小川P 3 2 3 2 2 12
グリビB 3 3 1 5 1 13

今回は接戦を制することができました。
普段の走塁や守備練習のおかげで、
すこしずつ野球の形が出来てきました。
一人一人の課題も見えてきたかな?
もっとうまくなれるはず。頑張りましょう!(KimuraC)

絆杯 6/9(日) vs中山ヤンガースさん☆

(中山小グラウンド)
チーム 1 2 3 4 5 6 R
グリビA 4 5 1 0 1 11
中山ヤンガース 0 0 2 0 1 3

【戦評】
イッツコム少年野球 横浜絆大会、緑区の中山ヤンガースさんとの2回戦です。

昨日に続いて今日も、初回に点数を重ねることができました。
ナオト、リュウノスケは打撃好調。強い打球を外野に飛ばします。

先発/リュウゴは高い球を振らせたり、外角低めにしっかり投げ込むなど、安定のピッチング。速い球で三振が奪えるのは心強いですね。
あとを受けたナオトも、今日は腕をよく振れていたかな。たまに抜けた球もありましたが、今日のピッチングは自信になったことでしょう。キャッチャーでの二盗補殺もよかった!

ソウヤは一塁牽制でアウトにはなりましたが、しっかりリードを取れていた証拠でしょう。アウトは紙一重。どんどん行こう!

最近ケガ人が増えてきましたが、焦らずしっかり回復させましょう。ケガをしていても、できることはたくさんあります。
3回戦の相手は榎デビルスさん。しっかり準備して臨みましょう。

YamamotoC, MaekawaC 審判ありがとうございました。(MiyaharaC)

🍠お芋掘り🍠 6/8(土) vsじゃがいもさん☆

前田代表の畑で、恒例のお芋掘り!今回はじゃがいもです🥔

時折、虫🦗を怖がったり、歓声を上げながら、真剣に土を掘る選手たち。。。
大物を掘り当てると、満面の笑顔~😄

弟妹たちも一緒に掘り進めます🎵
掘り当てた宝の山に子供たちもホクホク顔です😊

最後は畑に向かって礼!
代表、総監督、監督、OBコーチ、ありがとうございました。

野球だけじゃない、貴重な体験に感謝です🙇‍♂️

地区リーグ 6/8(土) vs榎デビルスさん☆

(あかね台公園グラウンド)
チーム 1 2 3 4 5 6 R
グリビA 5 2 0 0 2 9
榎デビルス 1 2 1 0 0 4

【戦評】
3週間ぶりの試合は、榎デビルスさんとの地区リーグです。

先発は今シーズン初登板の剛腕リュウノスケ。躍動感のあるピッチングフォームですが、マウンドに上がるとどうも腕が振れていません。「置きにいく」ような投げ方だと、制球が定まりません。前回のナオトにも言ったことですが、腕をしっかり振ろう!今日は仲間の守備にも助けられ、何とか少ない失点でしのぎました。

そのあとの宮ハヤト、リョウタを見ても分かるように、四球を出さなければ、少々守備にエラーが出ても大崩れしません。「四球出すな!」と言われても難しいでしょうが、マウンドでどういう思考を持って投げているのか、選手同士で話をしてみたらよいと思います。他人に話をすると、自分の考えも整理できます。

攻撃では初回、リュウノスケのホームランなどで5点を先制できたことで、終始優位に試合を進められました。
ですが、久しぶりの試合で、守備や走塁にミスが出ましたね。これからまた試合が続くはずなので、早いうちに修正しておきましょう。それができる選手とできない選手で差が出てきます。

さぁ、明日も勝つぞ!

TawaC, MaekawaC 審判ありがとうございました。(MiyaharaC)

B練習試合2024/5/19 vs 横浜ECPさん☆

B練習試合2024/5/19(上川井小学校グラウンド)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 合計
グリビB 0 1 5 4 0 10
横浜ECP 1 0 3 6 0 10

前回の敗戦からひとりひとりが何かを学んだと思います。
今回は、両者譲らないナイスゲームでした。
最後まで集中力を切らさず、横浜ECPさんの追い上げをなんとか振り切り
同点で抑えることができました。
もっともっと強くなれるはず。
日々の練習を頑張ろう!
yonezumiC審判おつかれさまでした(kimuraC)

地区リーグ 5/19(日) vs桜台ジュニアさん★

(みたけ台中学校グラウンド)
チーム 1 2 3 4 5 6 R
桜台ジュニア 0 7 0 0 0 7
グリビA 0 0 0 4 1 5

【戦評】
地区リーグ2戦目、桜台ジュニアさんとの対戦です。

初回表、久しぶりにマスクを被ったリュウノスケがキャッチャーフライで2つアウトにするなど、先発ナオトは無難な立ち上がり。その裏、今シーズン初めて1番に入った”宮”の方のハヤトが初球をセンターにはじき返して出塁し、その後三塁まで進むものの先制できず…。

その悪い流れからか、悪夢は次の2回。四球で溜めたランナーを連打で返され、ワイルドピッチも重なるなど、立て直せず、あれよあれよという間に7点を献上。与四球はもったいないですね。大量点につながってしまいます。ナオトは良い球投げられるんだから、次は自信を持って、腕をしっかり振って投げよう!マウンドにいる間は、『自分が世界一のピッチャーだ!』くらいに思って投げて構いません。そのぐらい強い気持ちで。その代わり、マウンドを降りたら謙虚に。

4回裏に反撃開始。リュウマの好走塁でようやく1点を返すと、1番宮ハヤトがライト線に強烈な2点タイムリー二塁打を放つなど、計4点。
守っては、3回からマウンドに上がった宮ハヤトが2死球を与えながらも無失点でしのぎ、5回には途中からセンターに入っていたエイスケが浅いフライをランニングキャッチからの2塁封殺でダブルプレー。センターの広い守備範囲。助かりますね。

さぁこれであとは最終回に逆転するだけ。そういうシナリオで戦評が頭の中でまとまりかけましたが、反撃はリュウゴのソロホームランによる1点のみで試合終了。サイコーです、とはならず、再考になりました…。

リュウゴは1打席目、2打席目と際どい球を振らずにストライクコールされる場面が(後ろから観てて)印象に残っています。もうリュウゴくらいのバッターなら、際どい球なんか見極めず、どんどん打って長打にした方がいいんじゃないかな、と思ってしまいます。よく打ってた数年前の先輩たちは少々外れた球もどんどん振っていたので、球審するのも楽でした(笑)
そうは言っても、最後に一発出たのでヨシとしなきゃいけませんね。

今週は連敗。各自、野球ノートが真っ黒になったことでしょう。

UedaC, YamamotoC 審判ありがとうございました。(MiyaharaC)

横浜市学童野球大会 5/18(土) vs汲沢マリナーズさん★

(富岡西公園野球場)
チーム 1 2 3 4 5 6 R
グリビA 1 0 4 0 0 5
汲沢マリナーズ 2 5 5 1 X 13

【戦評】
市大会2回戦、汲沢マリナーズさんとの一戦でした。残念ながら負けてしまいました。
エラーが7つとフォアボールが5つ。これでは勝つことはできません。

ポイントは4点を返して、7-5と追い上げた3回裏。ここを0点で抑えられれば勝てたかもしれません。せっかく流れが来ていたのにチームとして流れに乗り切れなかったことにコーチとしても反省しています。あの時4点取って、みんな「勝てそう」と思ったかな?それが「流れが来ている」ということです。もっとチーム全員で声を出して勢いをつけていけるようにしましょう。せっかく仲がいいチームなんだから、もっと楽しんで盛り上がればいいのになあと思ってます。

新人戦から5試合、緊張する真剣勝負をすることができました。とても貴重な経験になりました。最近負けが多くなってきてますが、壁にぶち当たっている子が多いかな。それぞれが壁を乗り越えるしかありません。何年かやっている子たちは何度も壁にぶち当たり乗り越えてきています。そういうことも選手同士で話してみてもいいかもしれません。コーチが言うことより友達から聞いたことのほうが納得することが多いかも。

今日でいったん一区切りですが、また明日からがんばろう!
楽しいから野球をやっていることを忘れずにね!(KanekoC)

区大会 5/12(日) vs元石川サンダーボルトさん★

2024.5.12 (黒須田グラウンド)
チーム 1 2 3 4 5 6 R
元石川サンダーボルト 3 3 1 6 13
グリビA 0 0 0 1 1

【戦評】
区大会予選リーグBブロック、元石川サンダーボルトさんとの全勝対決。予選突破を懸けた大事な試合でした。

しかし結果は4回コールド負け。完全に力負けです。初回に4本の長打で3点を先制され、萎縮してしまったかな。うちはうちで、内野ゴロでアウトが取れないなど、悪循環にはまってしまいました。

強いチームはやはり1番から9番までしっかりバットが振れています。クリーンナップになると外野の頭を越すような大きな打球がどんどん飛んできます。相手も同じ小学生。相手にビビる必要はありません。相手チームができることは自分たちだってできる(ようになる)はずです。

負けの中からでも、得られるものを見つけていきましょう。

KimuraC 先出審判ありがとうございました。(MiyaharaC)

絆杯 5/11(土) vsあざみ野ビーバーズさん☆

2024.5.11 (かやのき公園グラウンド)
チーム 1 2 3 4 5 6 R
あざみ野ビーバーズ 0 0 0 0 0
グリビA 5 1 2 2x 10

【戦評】
イッツコム絆杯一回戦、あざみ野ビーバーズさんとの一戦でした。攻守に隙がなく、とてもいい試合だったと思います。
今日のように初回から点を取っていけると相手にプレッシャーがかかり有利に試合が進められます。先週の市大会も初回からリードして逃げ切りましたね。

初回から点を取るとなると1番バッターが塁に出るかがポイントです。今日は、1番バッターの金ハヤがレフトを痛烈なヒットを放ち、チームを勢いづけました。2打席目もあわやホームランの2塁打。
1番バッターというとても難しい役割を任せられていますが、期待以上によくやっていると思っています。打率も高いし、走塁もうまいので、ランナーに出るとチームが勢いづきますね。私も高校生の頃は1番バッターでしたので、難しさはよく分かります。あっぱれ。

サードライナーからの金ハヤ→セカンド/リュウゴのダブルプレーもかっこよかった!ランナーの頭越しの送球はレベルが高いし、珍しくセカンドを守ったリュウゴのベースカバーもさすがでした。2人が野球がよくわかってないとできないプレーだったと思います。

またいい試合をできるようにがんばろう!

YamamotoC、MaekawaC 審判ありがとうございました。(KanekoC)