地区リーグAチーム・Bチーム・Cチーム

地区リーグAチーム ★準優勝★

優秀賞☆セイヤ

敢闘賞☆トモヤ

努力賞☆シュウマ

 

Bチーム ★準優勝★

敢闘賞☆タケル

努力賞☆イオリ

 

Cチーム

敢闘賞☆ミチ

努力賞☆オウガ

みんなとても頑張りました!!!

今年は優勝目指して頑張ろうね!!!

地区リーグA 2位決定戦 12/14 VS桜台ジュニア★

2019 12/14(桂台G)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 合計
グリビ 2 1 0 3 0 1 0 7
桜台ジュニア 0 0 0 1 0 0 0 1

【戦評】
令和元年の最終戦。地区リーグ(A)を2位で終え、いい形で来年につなぎました。毎回走者を背負いましたが、大量失点が減ってきたのが最近の収穫ですね。攻撃では2安打のタイガ、3安打のコウマ、2塁打3本のセイヤらが気を吐きました。

投手陣全員に共通しますが、制球力と球威の向上を両立させるには、ボールの球筋・回転の安定が必要です(そのためのフォームの安定も)。そんな簡単ではないのでシーズン中は言いませんでしたが、これがバラつくと予想外のシュート・スライド回転を生み、制球難と球威低下を招きます。練習法は色々ありますが、個人的には、短めの距離で、目標までまっすぐリリースする腕・指の感覚と、回転のみを意識したスローボールでのキャッチボール・ピッチングがお勧めです。この練習のポイントは、スピードを意識しないことです。最初からスピードまで意識すると、頭も体も混乱してワケがわからなくなるからです。通常のピッチング練習も並行して続ければいいですが、目的に応じて練習に強弱をつけてみましょう。

野手の守備では、打球へのアプローチ(バウンドの合わせ方、フライの取り方)も、いい送球も、一連のプレーのリズムと足の使い方が重要です。これは言葉で聞くより目で見た方が早く理解できます。最近、色々な動画を手軽に見ることができるので、参考にしてもいいかもですね。

来年はさらに成長し、全員で喜びを分かち合える1年にしましょう。(FujitaC)

交流戦B決勝 12/8(日)午後 VS嶮山ひまわりさん★

2019/12/8(嶮山G)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 合計
嶮山ひまわり 0 0 0 0 0 0 0 0
グリビ 0 0 0 2 0 2 × 4

【戦評】
午前に続く本日2試合目の決勝戦。辛くも勝利し、交流戦優勝を果たしました。今日の主役は、完封勝利を挙げたセイヤでしょう。野手のミスに動じず、最後まで落ち着いて投げ切りました。投手陣は、今日のセイヤのように味方のミスに気落ちせず、逆にギアを上げられる選手になってください。ミスしている野手も、その子なりに一生懸命です。自分のミスで点が入ると、その分心の傷が深くなります。ひどい場合は、その後の成長にも悪影響が及びます。バックがミスしたとき、「あいつのためにも絶対抑えてやる」と、いつも以上に気合の入る投手になってくれたら嬉しく思います。

それから今週も、ユウの肩がチームを救いました。5回表。1死1、3塁から2盗狙いの走者を刺し、相手に傾きかけた試合の流れを引き戻します。低い球筋のストライク送球で、3塁走者を釘付けにしました。

今日はあと何点か取れるはずでしたが、試合運びのマズさで好機を潰しました。反省点は各自わかっているはず。試合から離れる冬場は、自分を落ち着いて見つめ直すチャンスです(5年生はラストチャンス)。少年野球を悔いなく終えるための努力をしましょう。(FujitaC)

北部リーグ 決勝戦 12/8(日)午前 VS 山下ジャイアンツさん ☆

2019/12/8(桂台公園G)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 合計
グリビ 0 0 0 0 0 1 0 1
山下ジャイアンツ 1 0 1 0 2 0 × 4

【戦評】
昨日とは様変わりの小春日和でした。北部リーグ決勝戦。チームの完成度の違いを多々感じる、学びの多い試合でした。

①まずは投手の制球。グリビは7四球を出し、ストライクを取るのに四苦八苦。相手投手が出した四球はゼロで、肝心な場面で低めに投げ分けます。

②次は投手の緩急。グリビは一生懸命投げるので一杯一杯。相手投手は、球速に変化をつけながら、投球を楽しんでいる(いい意味で楽をしている)感じがしました。「いかに楽をして投げるか」のコツを掴むのが、投球の楽しさの1つ。「常にがむしゃら」の精神状態では見えないもの(制球のコツもその1つ)が、色々見えてきます。

③最後は内外野の守備。「あれが取れたら」という打球は大体取れないグリビに対し、相手野手は「これも取るのか」という堅守を見せます。内野手のフットワーク、ボールへの飛びつき方など、非常に参考になりました。みんなは何を感じたかなあ。
(FujitaC)

ウィンターリーグ 12/7(土)午後 VS千代ヶ丘チャレンジャーズさん★

2019/12/7(千代ヶ丘小G)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 合計
千代ヶ丘チャレンジャーズ 1 0 0 0 1
グリビ 2 0 4 5 11

【戦評】
厳しい寒さが続く午後。遠征での2試合目でした。少し長めの車中でしたが、その間に体が温まって良かった気もしました。

試合の方は、1回表に内野の乱れから1点を失うも、セイヤの先制本塁打や、長距離砲らしい放物線を描いたユウの特大3塁打などで得点を重ね、4回コールド勝ちとしました。最近のセイヤは、スイングの始動からミートまでのいわゆるタメが素晴らしく、タイミングを外されても足の動きと腰の回転で微調整し、フェアゾーンにライナーを飛ばせる打席が増えてきました。

今日は寒いし、移動も大変でした。子供達が怪我なく、しかも2連勝で終われた1日を支えてくださった全ての方に感謝します。(FujitaC)

交流戦B準決勝 12/7(土)午前 VS奈良北ジャガーズさん★

2019/12/7(黒須田G)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 合計
奈良北ジャガーズB 0 0 1 1
グリビ 3 4 11

【戦評】
気温5度の寒さの中、相手のミスにも助けられ、3回コールド勝ちを収めました。

危なかったのは2回表。3四球で無死満塁のピンチを招いた場面。最近、タイガはけん制の首の使い方が急に上達し、走者が逆をつかれる場面が増えました。それはすごくいいことですが、投手はやはり打者を打ち取ってナンボ。走者をためたくない場面や、盗塁しそうにない走者の場合は、走者より打者に集中する割り切りが必要です。点差が開いた場面で、ユウの肩を見ている走者はそもそも走りません。仮に走っても、ユウが高い確率でアウトにします。

逆に絶対走られたくない場面は、相手が嫌になるほどけん制すればいいんじゃない。状況に応じたメリハリを覚えると、もっと野球が楽しくなりますよ。(FujitaC)