地区リーグB 9/17(土) VS横浜ジャイアンツさん★

2022.9.17(恩田小学校)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 合計
グリビB 6 2 1 9
横ジャン 1 1 2 4

【戦評】
先日の反省をふまえた中で、みんなに思いが伝わったかのような試合展開でしたね。
とても良い試合でした。
私も素直に嬉しかったです。
ピンチの時にみんなで声を掛け合い、どのイニングも最小失点で乗り切る事ができました。
みんなで声を掛け合うと不思議とアウトがとれるんです。
みんなの頑張りでつかみ取った勝利です。
この試合はみんなにとっても嬉しかったはずです。
次の試合でもみんなの頑張りを期待します。

Miyata C

練習試合B 9/11(日) VS 藤が丘ファイヤーズさん★

2022.9.11(谷本小学校下G)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 合計
グリビB 1 1 3 5 10
藤が丘F 1 2 8 × 11

【戦評】
いままでの課題は声を出すことでした。声はとても出るようになって来ましたね。
次はランナーを意識した声が出るようになると尚よくなります。
出塁したランナーを次に進めさせないように皆で声掛けするんです。
皆もそうですが、ランナーに出たら次の塁に進もう進もうと意識がどんどん前に出てしまいリードがとても大きくなってしまうのです。その時こそ守備側は隙をついてアウトをとりましょう。
いまいるランナーがどういう動きをしてるかを皆で見ていれば得点は少なく出きるんです。
これが出きるようになるといま以上に勝てるようになりますよ。
これからの練習でもっと意識してみましょうね。

Miyata C

地区リーグB 8/7(日) VSヨコハマナインさん★

2022.08.07(あかね台G)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 合計
ナイン 8 0 4 2 14
グリビB 2 2 3 1 8

【戦評】
だんだん試合が形になってきました。
これからもう少し細かい野球に変えて行く予定なので頑張って野球覚えてくださいね。
今回は投手、野手、バッターの課題を伝えておきます。

まずは投手。
牽制を覚えましょう。あれだけランナーを自由に盗塁させては点がたくさん入ってしまいます。
次に野手。
みんなで声をかけあいましょう。
1イニング集中できるように周りの選手を確認できる余裕をもてるといいですね。
最後にバッター。
本当に家で素振りをしていますか?以前Aチームの戦評にもあった通り、素振りはフォームを固める為のものです。練習で教わったように思い出しながら素振りしていますか?ひと振りひと振りピッチャーが投げるイメージをもってスイングすることが大事ですよ。

少しずつでもできるを増やしていけば自然と上手くなりますよ🎵

Miyata C

地区リーグB 7/2(土) VS奈良北ジャガーズさん★

2022.7.2(奈良の丘小)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 合計
グリビB 1 0 0 1
奈良北 4 8 × 12

【戦評】
みんな上手くなって来てますね。
声も出てくるようになってきました。
あとは1試合出し続けられる集中力が着くとなお良いでしょう❗️
球の速いピッチャーでも負けじとしていたスイングはみんなの成長です。

ひとつだけ相手チームとの差を伝えておきます。
それはまだまだボールを怖がっていること。
確かにボールは当たったら痛いです。でもその恐怖を乗り越えることでまた違った野球の楽しさが見えてきます。
逆にボールの気持ちになって、ボールと同じ目線でボールみてください。ボールがどのように跳ねるのか、どういう軌道で来るのか分かるようになってきます。
そうすれば自然と恐怖心も薄れて来るのです。
みんなはグローブと顔の位置とボールの位置がとても遠いので恐怖心がとれません。
顔でボールを捕れ❗️と言われますが、実際はボールと同じ高さまで顔を落とす事を言います。
ぜひやってみてもらえるともっと当たり前のようにボールが捕れるようになりますよ。
これからも上手くなれるように頑張りましょう。

miyata c

地区リーグB 6/26(日) VS葉桜さん★

2022.6.26(あかね台G)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 合計
グリビB 1 1 0 2
葉桜 11 6 × 17

【戦評】
今回の試合はマサノリ、アツトの実戦でのピッチャー経験を積ませるため、初めは試合経験多い子たちでスタートしました。
ストライクをとる難しさは十分経験できたかな?
これから多く投げていけば問題ないと思います。

それ以上に、ミーティングで話した通り、守備人の声掛けのできなさが非常に目立った試合でしたね。
いつまでも6年生に頼っていては上手くなりませんよ!試合に出てる以上は学年は関係ありません。もっと自分が引っ張っていこうという思いを持って下さい。次にどこでアウト取るのか。どういうケースが考えられるのか確認し合うことも声掛けのひとつです。
まだ試合になれていない子はどこでアウトを取るのかも分かってないのでなおさらです。
捕ったらどこに投げればいいのか教えてあげてください。

ピッチャーがストライク入らなくても「ナイスピッチ❗️」、「良いボールいってるぞ❗️」などと励ましてあげることでピッチャーも頑張れます。そうやってチーム全員でアウトを取りに行く姿勢があると、意外とアウトが取れるんです。
この先の試合で少しずつ変わっていけるように頑張って下さいね。

4年以下はとても声が出ていて素晴らしかったです🎵
少ない試合数の中でもしっかりと身について来ましたね。
「継続は力なり❗️」

5年生以下のみんな!
これからの成長を期待しています。

miyata c

練習試合B 5/29(日) VS 武山スピリッツさん★

2022.5.29(荻野小学校)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 合計
グリビB 0 1 1 0 5 7
武山スピリッツ 1 0 6 4 × 11

【戦評】

暑かった❗️

それは相手も一緒です。
暑くても試合中❗️声を出さなくていいわけではありません。
どうやったら1時間30分集中できるかみんなで考えてみよう。
少なくとも三回までは集中できてました。これはみんなの成長です。あと2~3イニングの集中は大人にとっても難しい。
でも解決法をみんなで見つけないとこの先ずっと同じ負け方するよ。
試合中に他の選手たちの状態をみる余裕ができるといいね🎵集中してない子に声をかける❗️
そうすれば1イニングずつ集中力が伸びるんじゃないかなぁ。

暑さを楽しさに変えれる選手をたくさん募集します(笑)

miyata c

練習試合B 5/21(土) VS 横浜ジャイアンツさん★

2022.5.21(恩田小学校)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 合計
グリビB 2 0 6 3 2 13
横ジャン 2 0 0 0 5 7

【戦評】
午前中に雨の中練習し、体が冷えきった状態での試合となりましたが、みんなは元気いっぱいでしたね🎵雨にも負けない子どもたちは、試合にも負けませんでした。

相手チームとの差はあまり感じられませんでしたが勝敗を分けたのは走塁の差だったと感じています。普段から走るのが好きな子どもたちの次の塁へ進む気持ちが得点へとつながりましたね。

今回は名前も出して評価しますが、初回のエイスケの2点タイムリー二塁打でチームを勢いづけ、ダメ押しのカズマの3ランホームラン。ハヤトが安定したピッチングで流れを渡さない。
この流れができたのはみんなが最後まで声をだし続け、集中した結果です。
名前があがらなかった子はできていないわけではありません。みんな頑張ったからこその勝利です。みんなに良いところはありましたよ。
この試合でできなかったことを次の試合でできるようにしていくことがみんなの自信につながりますので、これからも頑張っていこうね。

miyata c

青葉区春季大会 5/15(日) VS 市ヶ尾禅当寺少年野球部さん★

2022.5.15(あざみ野G)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 合計
グリビB 4 3 13 20
禅当寺 10 2 1 13

【戦評】
おめでとう!!初勝利!!
みんなが一丸となって掴んだ勝利はとても嬉しいでしょ🎵
その嬉しさは絶対に忘れないで下さい。

前回の試合とはうってかわって初回に大量得点を許す展開でした。
でも、よく諦めなかった❗️
点差が縮まっていくとみんなの勢いは最高潮。これ以上ない得点で大逆転勝利となりました!
まだまだみんなは伸び盛り。これからの成長を考えると優勝も夢じゃないよ。練習重ねればまだまだ強くなる🎵

miyata c

練習試合B 5/8(日) VS 藤が丘ファイヤーズさん★

2022.5.8(谷本小学校下G)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 合計
グリビB 6 2 0 5 13
藤が丘F 2 0 6 14

【戦評】
今回の試合は初回に大量得点でとてもリズムが良い立ち上がり。
それもつかの間、次第に点差は縮まり結果サヨナラ負けという悔しい敗戦でした。
宮田コーチはとても悔しかったです。
同じように悔しいと思った子がどれだけいたかな?
野球は勝った時こそ今まで練習してきて良かったって思えるんだよ。
負けた時は練習の成果が出せなかったってことです。
悔しいと思えた子はその悔しさを練習でぶつけてください。
悔しいと思えなかった子は、負けると悔しいって思えるようになって下さい。

次の試合で勝てるように頑張ろう。
miyata c

練習試合B 5/4(水・祝) VS 桜台ジュニアさん★

2022.5.4(あかね台G)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 合計
桜台Jr 2 1 10 1 2 16
グリビB 0 0 0 1 0 1

【戦評】
今回は相手との差を見せつけられた試合でしたね。
相手チームは内野ゴロをちゃんとアウトにできていましたが、うちは悪送球ばかり。
これでは試合に勝てません。
負けてしまうことはしょうがないと思いますが、相手チームのどこが良かったから負けたのか考えてみましょう。
自分たちと相手チームの違いを見つけることも野球上達につながります。
ぜひそういうところも探せるようになって下さい。

(miyata c)