区大会 4/14(日) vs松風台タイガースさん☆

2024.4.14 (黒須田グラウンド)
チーム 1 2 3 4 5 6 R
松風台タイガース 0 0 0 0
グリビA 2 22 X 24

【戦評】
今日は、春の区大会 予選リーグの初戦、松風台タイガースさんとの一戦でした。

今日のような点差が開いた試合の時に自分たちの普段のプレーができるかどうかが、今後の強いチームとの戦いでも自分たちのプレーができるかにかかっています。

その点、初回、緊張もそれほどなく、入れたと思ったのですが、1番バッターのファーストゴロの処理、2番バッターの内野フライの処理、どちらのミスも強いチームだったら必ず得点になっていたミスです。
声をだすこと、カバーをすること、チーム全員でやらないといけないという基本をやりましょう。

点差がついたこのような試合を大勝したとただ、喜んで終わるか、このような試合からも貪欲に吸収して次に生かせるかで今後の成長は全く違ってくると思います。

皆さん試合中に、コーチャーのポジションどりについて、監督から指導があったことに気づいていましたか?そして、そのポジションどりの意味をコーチが補足説明もしてくれていました。今回指導を受けた子だけじゃなくて、指導を受けてることを見て自分の今後にも生かすことができるようになりたいですね。コーチャーのポジションについてわからなかったら次の試合までに、チームの仲間、コーチに聞いておきましょうね。

予選突破しましょう!勝つと楽しいですね!頑張りましょう!

KimuraC、MaekawaC先出し審判ありがとうございました。(MatsumotoC)

田奈杯 4/6(土) vsジュニア葵さん☆

2024.4.6 (あかね台グラウンド)
チーム 1 2 3 4 5 6 R
ジュニア葵 0 1 0 4 0 5
グリビA 3 1 0 3 0 7

【戦評】
今日は田奈杯予選リーグの初戦、ジュニア葵さんとの一戦でした。

初回、総監督曰く「今が旬」のセイヤがスリーランホームラン!これは大きかった。最近は自信をもって打席に入れているように感じます。

2回もバントを絡めて1点を取り、4-1として油断はなかったと思いますが・・・4回に逆転されてしまいます。ライトへのヒットの後、記録上はヒットとなりましたが、2本の内野ゴロを三遊間がさばき切れず逆転を許してしまいました。

どちらも簡単な打球ではありませんでしたが、2人ならアウトにできると思います。もっともっと練習してうまくなればしっかりとアウトが取れると思います。

今年は逆転のグリビと言っていいかもしれません。すぐに逆転します!
リョウタ、ソウヤの連続ヒットから、金ハヤの逆転タイムリー、エイスケのセーフティースクイズで見事に3点を取りました。

最終回はリョウタがしっかりと抑え、なんとか勝つことができました。
ジュニア葵さん、守備がよくてとてもいいチームでした。

今日の試合はやはり5年生コンビ、リョウタ・ソウヤがチャンスを作ってくれたこと。2人とも野球が大好きで、家でもよく練習をしています。道具も大切にしてますね。今日のような負けている場面で力を出せる5年生コンビはほんとうにすごい!
野球の神様はちゃんと見ていてくれてますね。

反省会でも言いましたが、チームメイトの失敗はみんなの失敗です。同じ場面で同じミスをしないようにそれぞれがしっかりと学ぶようにしてください。

まだまだ今年のグリビはこんなものではありません。伸びしろいっぱいです。やるからには上を目指そう!

TawaC、MaekawaC審判ありがとうございました。(KanekoC)

練習試合 3/31(日) vs元石川ベアーズさん☆

2024.3.31 (美しが丘西グラウンド)
チーム 1 2 3 4 5 6 R
グリビA 9 3 0 1 1 14
元石川ベアーズ 2 1 0 0 1 4

【戦評】
遠征での練習試合。

初回、相手ピッチャーが制球に苦しみ、9点をもらいました。
その裏、先発ナオトもいつもよりボール球が多かったかな。マウンドがあるグラウンドで投げにくかったかもしれませんが、あまり腕が振れていないように見えました。第一打席のバッティングでも、しっかりバットを振れていないような…。

声を出すと、緊張が和らぎ、筋肉の出力も上がることが論文でも実証されています。昭和の根性論ではありません。投げる前に周囲へ声をかけたり、打席に入る前にしっかり声を出せば、もっとパフォーマンスが上がるはずです。今日の打席に入る前の声は、代打で登場したエイスケが一番でした。さすがです。6年生、甘んじるにはまだ早い!

後を受けたリュウゴはしっかり腕が振れていました。金ハヤトも安心の安定感。

初回以降は点数だけ見ると接戦です。守備のミス、走塁のミスもあり、点差がないときに競り勝てるチームになるにはもうひと踏ん張りの練習が必要です。
四球を選んだあと、牽制で帰塁したあと、キャッチャーは捕球したあと、(コンマ数秒の話ですが)動きが止まっている時間が長いように感じます。すぐに次のプレーに移りましょう。

UedaC、MiyataC審判ありがとうございました。(MiyaharaC)

TD杯 3/24(日) vs鴨志田スワローズさん☆

2024.3.24 (鴨志田グラウンド)
チーム 1 2 3 4 5 6 R
グリビA 2 2 3 2 3 3 15
鴨志田スワローズ 0 0 0 0 0 4 4

【戦評】
TD杯3試合目。鴨志田スワローズさんとの一戦でした。

今日も打線は好調。初回にはナオトのホームランが出るなど、毎回得点で15点を取ることができました。スーパー新4年生エイスケのホームスチールは見事でしたね。

今日は昨日投げなかったナオト、リュウゴの継投。2人ともいつもより少しボール球が多かったですが、それでも崩れないところはさすがです。以前はストライクがどれだけ入るか気にしていた大人たちも最近は安心してみています。どんどん欲を出してさらなるレベルアップをしていきましょう!
とくにナオトは投打ともに完全にチームの中心です。最近はずいぶん声も出るようになってきています。遠慮せずどんどんチームを引っ張っていってくださいね。

最終回、前に出て取ってほしかった外野フライをチャレンジせずヒットにしてしまう場面がありました。そこから4失点。今日は大量リードをしていたからよかったですが、接戦の試合だったらと思うと見逃せないミスだったと思います。点差があるから後ろにそらさないように安全策を取ったという判断と今日のようにチャレンジできなかったことでは内容が大きく違います。

普段の練習から前のフライを思い切って取りに行っていましたか?前に出ないことを何度もコーチに指摘されませんでしたか?練習でやっていないことは試合ではできません。今日のような試合でそのようなミスが出たことはラッキーだったと思います。もう一度それぞれが練習の取り組み方について見直してみましょう。

最後に今日一番良かったと思ったこと。みんな気づいていたかな?カズネがボールボーイを一生懸命にやってくれました。
今まで見た中で一番素早くボールを取りに行くボールボーイだったと思います。昨日の午後練習がお休みだったので、今日の出場機会はなかったし、本人もそれはわかっていたのかもしれません。それでも誰よりも頑張ってボールボーイをしている姿に感動しました。

ベンチにいてもみんなで野球をしています。全員がカズネのようにできればもっともっといいチームになります。今日のカズネの姿は、勝つことや野球が上手いことより大切なことだと思います。

MatsumotoC、TanakaC審判ありがとうございました。(KanekoC)

TD杯 3/23(土) vs武蔵ファイターズさん☆

2024.3.23 (桂台公園グラウンド)
チーム 1 2 3 4 5 6 R
武蔵ファイターズ 0 0 0 0 0 0 0
グリビA 1 1 1 3 0 X 6

【戦評】
武蔵ファイターズさんとのTD杯です。

リョウタ、金ハヤト両投手がテンポの良いピッチングで6回零封。
攻撃も4回まで毎回得点で、終始、試合の流れを渡しませんでした。

金ハヤトの先制ホームスチール、しっかりと相手バッテリーを観察できていました。
ナオトは、センター前に抜けそうな打球をショートゴロ補殺、いい動きでした。
カズネもサードゴロを無難に処理。落ち着いていました。

エラーが出ても、ゼロに抑えられたのはチーム全体でカバーできた証拠です。
すっかり自信が付いてきた様子も伺えました。

一つ、気になった点を挙げるならば…、試合前整列、ぐにゃぐにゃでした。
主将、副主将が声を掛けると共に、選手皆が意識しましょう。
あそこだけ見ると、強いチームには見えなかった。残念。

IwaseC, YamamotoC三審制での審判、ありがとうございました!(MiyaharaC)

練習試合 3/20(水・祝) vs藤が丘ファイヤーズさん☆★

2024.3.20 (あかね台グラウンド)
第1試合
チーム 1 2 3 4 5 6 R
藤が丘ファイヤーズ 1 0 0 0 0 0 1
グリビA 3 0 2 0 0 X 5
第2試合
チーム 1 2 3 4 5 6 R
グリビA 2 0 0 2 4
藤が丘ファイヤーズ 1 0 3 1x 5

【戦評】
天気が心配されましたが、なんとか持ちこたえてくれて元気に試合ができました。
藤が丘ファイヤーズさんとの練習試合でした。

今日も投手陣が安定していました。
先発リュウゴは5連続三振!を取るなど球威・制球ともに完璧でした。
二番手ナオト、三番手金ハヤもしっかりとおさえました。

ピッチャーがいいと守りやすいですよね。
守備もノーエラーで盛り上げ、ダブルプレーを取ることもできました。

今日はキャッチャーセイヤが素晴らしい活躍。
キャッチングはやるたびにうまくなっているし、2塁盗塁も刺しました。
セイヤは野球がわかっているし、指示の声も出せるので内野にいてもらいたい存在。
これからも期待していますよ。

今日も盗塁、バントを絡めて点を取っています。
欲を言えばボールが速いピッチャーをもう少し打てるようになってほしい。
これは練習あるのみ。頑張ろう!

YamamotoC、OkumotoC、MaekawaC、MatsumotoC審判ありがとうございました。(KanekoC)

各種表彰 3/17(日)

この日の練習後、各種表彰が行われました。

まずは2023年度Bチーム…
 区大会 第3位!

続いて、2023年度Bチーム公式戦個人成績…
 首位打者:金ハヤト (.355)
 打 点 王 :佐リョウタ(10打点)
 得 点 王 :宮ハヤト (15得点)

更に、ウィンターリーグ個人表彰…
 優秀賞:ナオト
 敢闘賞:セイヤ

野球は「数字のスポーツ」と言われます。記録を数字に残しやすいスポーツです。
プロ野球選手じゃない小学生の皆が、数字ばかり気にして野球をするのはよくないとも言われます。でも、がんばったことが数字に表れるのは嬉しいですよね。

ヒットの数、ホームランの数など分かりやすい数字もありますが、チームのための進塁打や、相手の隙を突く走塁など、簡単には数字に表れない貢献も野球にはたくさんあります。もちろん、ベンチからの声掛けもその一つです。

監督、コーチはそういうところもちゃんと見ていますので、自分が得意なところをがんばっていきましょう。(事務局)

TD杯(+練習試合) 3/17(日) vs長津田クラブさん☆☆

2024.3.17 (あかね台グラウンド) TD杯
チーム 1 2 3 4 5 6 7 合計
長津田クラブ 2 1 0 1 0 0 4
グリビA 0 0 1 2 5 X 8
練習試合
チーム 1 2 3 4 5 6 7 合計
グリビA 0 1 6 7
長津田クラブ 2 1 0 3

【戦評】
TD杯の初戦。長津田クラブさんとの一戦でした。

前日に引き続き序盤はリードされますが、じわじわと追い上げ、ついに5回、先頭バッターキャプテン金ハヤの会心のホームランで反撃ののろしを上げるとリュウノスケが続き、たたみかける攻撃で一挙に逆転しました!

リードされている試合を逆転できるということはチームに力がある証拠です。そしてキャプテンが打った後のチームの勢いは見事でした。ベンチが盛り上がり勝ちを呼び込みましたね。

いいところはたくさんありました。先発ナオトは投げるたびによくなっています。本当に力がある。リリーフしたリョウタはさすがの安定感。リョウタが投げるとみんなが安定して守っています。

この試合は内野ゴロの間に3塁ランナーがホームインして点を取った場面が3回ありました。これぞグリビの野球!この3点がなければ負けていたと思います。走塁の大切さを再認識してください。

2試合目の練習試合になりますが、リュウノスケとイブキがホームラン!2人ともよく振れていて予感はしていましたが、ほんとうに打つとは!とくにイブキは試合に出られないことも多く、悔しい思いをしてきたと思います。一生懸命やってきた成果が出たと思います(涙) みんなもイブキに続いてホームランを打ちたい!という気持ちで練習がんばろう。

最後に、昨年のBチームの打撃成績の発表がありました。
・首位打者:金ハヤ
・得点王 :宮ハヤ
・打点王 :リョウタ
でした。得点王宮ハヤ。選球眼の良さと走塁のうまさで納得の得点王です。パワーアップした君の復帰を待っています!

TawaC、MachidaC、OkumotoC、MatsumotoC審判ありがとうございました。(KanekoC)

新人戦(市大会出場枠決定戦) 3/16(土) vs横浜ジャイアンツさん☆

2024.3.16 (黒須田グラウンド)
チーム 1 2 3 4 5 6 R
横浜ジャイアンツ 1 1 0 1 0 0 3
グリビA 0 0 5 1 0 X 6

【戦評】
ドキドキの市大会出場枠決定戦。横浜ジャイアンツさんとの大一番でした。
結果としては見事な逆転勝利!コーチとしてもほんとうに嬉しかったです。
実は1週間緊張していました(笑)

黒須田グランド3試合目ということで、グランドにも慣れたのか試合前はリラックスできていたね。どこで試合をするにしても緊張しすぎないことが大切です。いつも今日ぐらいの緊張感でのぞめるといいと思います。

そんな状態で試合は始まりましたが、序盤は相手バッテリーの質が高く、先制されて重苦しい展開となりました。それでもリュウノスケのバックホームから追加点を許さないなど、初回と2回を1点ずつでおさえられたことがこの後のビックイニングにつながりました。

反省会でも言いましたが、余計な1点を防いでいくことが勝ちにつながります。1点あげても2点目をあげないという守りができていました。

そして3回、9番1番2番のグリビ版スーパーカートリオ(総監督命名)で満塁として、頼れる主砲リュウゴの2点タイムリー。そして5番ナオト6番セイヤの連続スクイズ!!

普段の練習の成果を出すことができました。いくら練習していても試合ではなかなかうまくいかないものですが、みんなしっかりとできるようになっています。これからも練習では謙虚に一生懸命に、試合では自信を持ってやりましょう!

ナイスゲームでした!
今日はよく声も出てましたよ。それが勝ちにつながったんだと思います。

YamamotoC、いつも先出し審判ありがとうございます。(KanekoC)

新人戦 3/10(日) vs市ヶ尾シャークスさん★

2024.3.10 (黒須田グラウンド)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 合計
グリビA 1 0 0 0 0 0 1
市ヶ尾シャークス 1 0 1 0 3 X 5

【戦評】
昨日に続いて、新人戦2回戦。

今日の立ち上がりは、昨日よりは落ち着いていたかな、と感じました。
序盤は、先発/リョウタのテンポのよいピッチングがチームを引っ張りました。マウンド上でのひょうひょうとして落ち着いた所作は、入団前のやんちゃな姿からは想像できないくらい成長しました。6年生も見習ってよいと思います。

落とし穴は5回裏の守備でした。送球ミスが重なり、2失点。更にダメ押しのタイムリーを打たれ、意気消沈…。

昨日も送球ミスが重なったものの、たまたま勝てました。ですが、接戦になるとそうはいきませんね。

普段の練習や練習試合とは違った雰囲気で、各自考えることがあったと思います。その課題を持って、これからの練習にどう取り組めるかが鍵です。

新体制、初黒星となりましたが、まだまだ始まったばかり。前を向いて進みましょう!

YamamotoC,先出審判ありがとうございました。(MiyaharaC)