グリーンビクトリーズは横浜市青葉区で活動する軟式少年野球チームです。近隣の小学生をメンバーに、あかね台鍛治谷公園や奈良の丘小、桂台公園のグラウンドで練習しています。


開催情報 | 体験会の様子
お気軽に体験会にお越しください。中高学年の体験練習は随時可能です。

体験会 2月23日(日)

今回は8人のお友達が参加してくれました。

OBの先輩・お父さん・コーチVS子供達で紅白戦。

気合十分な子供達!(^^)!

少しずつルールも覚え、応援もバッチリ(^^♪

挨拶もきちんとし、おにぎりタイム🍙

夢中で食べるこどもたち。

待ち時間には仲よく遊ぶ姿も(*^^*)

学校・年齢が違くてもとても仲良し。

とても楽しい体験会になりました‼

 

OBの先輩方・お父様方、ありがとうございました(^^)

次回の体験会は決まり次第HPに記載しますのでぜひご参加ください。

練習試合 2/23(日) VS佐江戸少年野球部さん★

2020 2/23(あかね台G)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 合計
グリビ 3 4 3 4 6 4 24
佐江戸少年野球部 0 0 2 0 2 0 4

【戦評】
 24点を奪う、スコアラー泣かせの試合でした。今日は2桁安打を記録するなど、全体的に打線が活発。ユウとサクには、本塁打も飛び出しました。

 特にサクは、初の柵越え本塁打。ライト上空に綺麗なアーチを描きます。ゆっくり走れる本塁打は気持ち良かったでしょう。これまで、芯で捉えた打球がファールになりがちでしたが、この一打は、本人曰く「詰まりました」とのこと。その結果、ミート時にバットが回りすぎず(これは結果オーライでしょうが)、フェア方向の角度にバットが向いたのでしょう。他の子も同じですが「芯で捉えつつ、センター中心のフェア方向に打ち返すバットの角度」をイメージして、練習するといいんじゃないかな(素振り含む)。

 来週からは新人戦。この冬の間、叱られたり、ほめられたりしながら、みんなの貴重な時間をたくさん使って練習してきました。試合は「打てる」と思えば打てるし、「勝てる」と思えば勝てます。ここまで来れば、後は覚悟を決めるだけ。我々大人達は、温かい気持ちで応援しています。(FujitaC)

練習試合 2/22(土) VS竹山レッドソックスさん☆

2020 2/22(あかね台G)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 合計
竹山レッドソックス 1 2 0 0 2 0 2 7
グリビ 0 0 0 0 0 0 0 0

【戦評】
 相手に申し訳なく感じる、中身の薄い試合でした。スナオが初マスクを被りましたが、安定感のあった「扇の要」が変わり、全体の調子も狂ったでしょうか。

 打線は散発3安打。毎回の11残塁で零敗。自分の打球の方向や、バットへの当たり方(フライが続く、引っかけたゴロばかり、詰まる、そもそもバットに当たらない等)から、「何か違う」と感じた場合は、タイミングの取り方、バットの出し方、打つ方向の意識等を試合中に柔軟に修正することも必要でしょう。

 今日は、失点した全イニングで失策が絡み、守備のリズムの悪さが、攻撃にも影響した形となりました。送球・捕球の技術的なミスもありましたが、他のミスは「こうなったら、こう動く」という頭の準備不足もあったかな。今日の経験を活かし、頭の引き出しを増やしたいね。(FujitaC)

お別れ試合 2/11(火・祝) VS ジュニア葵さん

今日は風が冷たくも柔らかい日差しの中、ジュニア葵さんと毎年恒例のお別れ試合が行われました。

真剣勝負の後は、両チームの選手達へプレゼントが!
監督が手作りボックスを持って下さり、みんなで和気あいあいとお菓子のつかみ取り。

そして、ジュニア葵さんからおしるこを振る舞って頂きました。
柔らかい白玉は大人気!
甘くて温かいおしるこは、冷えた体にとてもしみました。
準備して下さったジュニア葵の皆さま、本当にありがとうございました。

最後の記念撮影では、バットを小道具に笑顔を作って下さったり、試合中はグリビの選手に寄り添う言葉を掛けてくださったり。
ジュニア葵の監督やコーチの方々に感謝致します。
また、OB選手にも挨拶の姿勢を勉強させて頂きました。

新しい1年はスタートしたばかり。
今日の試合を胸に、チーム全体で前へ進んでいきます。
今日は本当にありがとうございました!(J.oohara)

ウィンターリーグ 2/11(火・祝) 第3戦目 VS桜台ジュニアさん☆

2020 2/11(あかね台G)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 合計
桜台ジュニア 0 0 3 0 0 0 0 3
グリビ 1 0 0 1 0 0 0 2

【戦評】
両軍がっちり組み合う、ロースコア・ハイテンポの試合でした。最終回に一打逆転サヨナラの形を作るなど、粘りを見せたグリビですが、最後は苦杯を喫しました。

初回はコウマが足でかき回し、相手守備の乱れにも乗じて1点を先行。しかし、3回表に3連打を浴び3失点。4回に、ユウの2試合連続本塁打で1点差まで迫るも、反撃及ばず敗れました。

3回の守りは、先頭から連続四球。バントで1死2、3塁とされた後、クリーンアップに甘く入った球を痛打されました。他のイニングの投球は見事でしたが、この回だけは単調だったのと、打者への集中力をやや欠いたように見えました。①接戦で、②得点圏に走者を背負い、③中軸打者を迎えた場面。特に丁寧に投げたかったね。でもいい経験ができました。成長のための「気づき」にしてほしいな。(FujitaC)